読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコづくし

山に捨てられ、山猫生活の末、山で拾われ家猫に・・・激動の人生を送る黒猫ブンブン丸と山の仲間達の日常を綴ります

◆今日のニャンコ

桜が散り始めた猫山地方。花びらの絨毯の上で寛ぐたーくんの姿が。

なかなか風情のある光景だったので、そ~っと近付きながら撮影。

f:id:tarojiroko:20160404121625j:plain

 

シャッター音で気付かれた。

この後、団体の花見客がやって来てこの場所は占拠されてしまった。

f:id:tarojiroko:20160404121630j:plain

 

倒木で爪とぎする小次郎くん。

f:id:tarojiroko:20160404122604j:plain

 

お腹空いてたみたいで、呼んだら上って来てカリカリをたくさん食べた。

f:id:tarojiroko:20160404123135j:plain

 

動物への接し方を見るとその人の大方の人格が分かる気がする。

強烈に印象に残っているのは、昔、神保町の公園で見掛けた一人のサラリーマン。

いつもお昼時にベンチに座って大きなパンを食べていたので

秘かに「パンおじさん」と呼んでいた。

その日、ベンチでパンを食べ終えて立ち上がったパンおじさんの前には、

何十羽もの鳩の群れがいて行く手を塞いでいた。

一瞬、躊躇するように立ち止ると、彼は鳩の方に向かって

「ごめんなさい、通りますよ」って感じで手刀を切りながら公園を後にした。

あの時のパンおじさん、今日もどこかで鳩に謝ってるのかニャ。