ネコづくし

山に捨てられ、山猫生活の末、山で拾われ家猫に・・・激動の人生を送る黒猫ブンブン丸と山の仲間達の日常を綴ります

◆今日のニャンコ

着いた時には誰もいなかった墓地。

お参りだけでもしようと思って準備してたらマリモちゃんが出て来た。

f:id:tarojiroko:20160605092903j:plain

 

みけニャン。最近はカリカリも食べてくれる。

f:id:tarojiroko:20160605093414j:plain

 

ベンチで雨宿りしていたみづきちゃん。

f:id:tarojiroko:20160605093439j:plain

 

どこからか現れた虎蔵くん。

f:id:tarojiroko:20160605093442j:plain

 

ラクダさんの顔に乗っかってひと休み。

f:id:tarojiroko:20160605095425j:plain

 

へっぴり腰で逃げて行くサツキちゃん。

f:id:tarojiroko:20160605095604j:plain

f:id:tarojiroko:20160605095654j:plain

 

ピンボケで誰だか分かんないけど、一応しまじろうくん。

f:id:tarojiroko:20160605100634j:plain

 

オハギちゃん。熊五郎くんとのツーショットを撮ったつもりだったけど、

熊五郎くんが走って来たのでフレームアウトしてワンショットに。

f:id:tarojiroko:20160605102738j:plain

 

彫刻の丘から付いて来るたーくん。

f:id:tarojiroko:20160605104921j:plain

 

カモメ母さんは平気でゴハンを食べてたけど、小次郎くんは逃げてしまい、

クリスちゃんも樹の上に避難したまま降りて来られない。

f:id:tarojiroko:20160605105727j:plain

 

と、ここで事件が勃発!!

お膝の上に乗ってきたたーくんをナデナデしながら知り合いと話をしていたら

まさかそこにたーくんがいるとは思いも寄らないアサリちゃんが背後から登場!

至近距離でほぼ同時にお互いの存在に気付いた2ニャン、

血相変えて逃げるアサリちゃんをたーくんが猛烈な勢いで追い掛けて襲いかかった。

 

「ギャーッ!!アサリちゃんが死んじゃうーっ!!」

 

どうにか一度は逃れたアサリちゃん、美術館のスロープを掛け上がり、

階段を駆け下り、下の広場に逃げようとして階段を降りて一旦立ち止ったところを

またもや後ろから襲いかかるたーくん。

くんずほぐれつ転がり落ちるように階段を降りたアサリちゃんは一目散に

下の墓地の中に消えて行って、探せども探せども姿が見えなくなってしまった。

体格差もあるし、あの勢いで飛び掛かられたら無事じゃ済まなかったかも・・・

アサリちゃんが行きそうな場所まで大急ぎで降りて

名前を呼びながら探しまわっていたらどこからか返事が!

 

「イターッ!!!!!」

f:id:tarojiroko:20160605112234j:plain

 

「またアイツがいるかも?」と思ったのか警戒してしばらく近寄って来なかった。

f:id:tarojiroko:20160605112854j:plain

 

「怖かったねぇ~!ごめんね!ごめんね!」

f:id:tarojiroko:20160605112903j:plain

 

しばらく会えなかった分と、怖い思いをさせてしまった分とで

心ゆくまでゴロゴロスリスリしてもらった。

f:id:tarojiroko:20160605113747j:plain

 

ネコの声に反応して警戒するアサリちゃん。

f:id:tarojiroko:20160605114702j:plain

 

大事に至らなくて良かったけど、しばらく胸のざわつきが治まらなかった。

はぁ~、心臓に悪いわ・・・

たーくんにはお説教しておいたけど、猫耳東風って感じだし。

お外で頑張ってる者同士、もっと仲良くして欲しいんだけどニャア~ッ!