ネコづくし

山に捨てられ、山猫生活の末、山で拾われ家猫に・・・激動の人生を送る黒猫ブンブン丸と山の仲間達の日常を綴ります

◆忘れ去られた記憶

遊び足りなかったのか、小腹が空いて夜食が欲しかったのか

カメ部屋にやって来て背後の椅子で私を監視していたブンブン。

いつもの様に監視しつつも睡魔には勝てなかったようで

しばらくして振り向いて見ると、椅子からはみ出しながら思い切り熟睡していた。

f:id:tarojiroko:20140624214252j:plain

f:id:tarojiroko:20140624214304j:plain

f:id:tarojiroko:20140624214310j:plain

 

以前、爆睡し過ぎてこの椅子から落ちた事はどうやら忘れた模様。

 

 

◆今日の山猫達◆

カモメ一家はお腹が満ち足りてる風だったのでスルーして

墓地に行ってみたら子猫が「ミャア(お腹空いた)!」と出てきた。

カリカリをあげてたら今日もまた背中に視線を感じ・・・

f:id:tarojiroko:20140629102349j:plain

 

振り返るとマリアとまりえが並んで

「子猫にはあげても私達にはくれないのね」と

恨めしいような切ないような視線で見つめてる・・・あの瞳には勝てませ~ん。

f:id:tarojiroko:20140629102339j:plain

 

今日も駐車場は猫の子一匹おらず。

ロータリーに人慣れしていないキジ白の子猫がいて

さっちゃんが鬱陶しそうに追い払ってたっけ。

重傷を負ってるかもしれないドロンボくんは大丈夫かなぁ。