ネコづくし

山に捨てられ、山猫生活の末、山で拾われ家猫に・・・激動の人生を送る黒猫ブンブン丸と山の仲間達の日常を綴ります

◆さびしん坊

さびしん坊のブンブン、母が出掛けてリビングに誰もいなくなると

カメ部屋にやって来ます。

抱っこすると膝の上で爆睡してしまいました。

f:id:tarojiroko:20140406144302j:plain

 

 

「また丸くなったなぁ」と思っていたら今日の体重は5.8Kg!

糖尿病になって以降、MAXの体重だ~(汗)。

 

 

◆今日の山猫達◆

膝や背中に乗って来たり、顔を見ながら足元にスリスリしたり

人懐こいのでいつも別れ際が切ないさっちゃん。

f:id:tarojiroko:20140406093108j:plain

 

ウシ柄トリオのところは、シジミとアサリが寄って来てくれました。

f:id:tarojiroko:20140406093356j:plain

 

ホタテ、カモメ、ニッカも出てきてのどかにゴロンゴロンしていたのに、

突然シジミとニッカが取っ組み合いのケンカを始めました。

シジミが凄まじい声で鳴きながら逃げると、

ニッカが後を追って草むらに消えて行きました。

 

威嚇の声はするもののどこにいるのか分からず探していたら 

アサリが1本の樹に駆け寄って、心配そうに上の方を見上げては、

チラッとこちらを見たりします。

 

「アサリちゃん、どした?」

f:id:tarojiroko:20140406094835j:plain

 

視線を辿ってみると高い高い樹の上にシジミが!

下の方でニッカが睨んでいるので降りるに降りられず立ち往生しています。

f:id:tarojiroko:20140406094305j:plain

 

声を掛けたりカリカリを見せたりしていたら

カニ歩きしたり後ろ向きになったりしながらどうにかこうにか降りてきました。

f:id:tarojiroko:20140406095933j:plain

 

「ケンカしちゃダメよ!」

f:id:tarojiroko:20140406093516j:plain

 

 

アサリとシジミの(義)兄妹愛を感じました。

シジミが降りてきたところで、にわか雨が降り出しました。

降りた後で良かった・・・

降りる前に降ってたら滑って降りられなかったかも。