ネコづくし

山に捨てられ、山猫生活の末、山で拾われ家猫に・・・激動の人生を送る黒猫ブンブン丸の弟分ブンタと山の仲間達の日常を綴ります

◆こだわりが強いネコ

新たに購入したもののブンタに不評でずっと使われていないキャットタワー。

買ったのが今年の4月だったから、寄り付きもしないままかれこれ半年以上。

この透明カプセルに入っているブンタの肉球を下から眺めてみたいという思いで

「オモチャで気を引く作戦」でじゃらしを置いてみても、じゃらしだけくわえて

さっさと降りちゃうし、「プラスチックの触感が嫌なのかも?」とタオルを

敷いてみても全く変化ナシ。あれこれ試してみたけど、使ってくれそうな気配は無く

結局、猫を多頭飼いしている知り合いにもらってもらうことに。

肉球観察願望、破レタリ。

 

というワケで買い換えました。

今回のは据え置き型で、以前使ってたブンブン兄ちゃんのお下がりと同じく

布張りタイプで安定感のあるものを選んでみた。

 

今回のは設置後すぐに使い始めてこの状態。

 

「このタワーは気に入ったかニャ?」

 

突っ張り式タワーが不評だった要因として考えられるのは以下の3点。

・無塗装の木板とプラスチックの触感

・1本突っ張り式の不安定感

・カプセルが宙に浮いてる感

 

お気に召さないものはとことん使わない。こだわりが凄すぎるブンタなのだった。

 

 

最近は寒くなってきたので、専ら冬の定番「ニャンガルー・スタイル」で寛いでる。

 

 

 

◆履物フェチ

今年の夏、冷え冷えアルミボードの存在をふと思い出して

押し入れから引っ張り出してきてしばらく放置しておいてみた。

久々過ぎて忘れてしまったのか、ブンタは一向に近寄る気配が無い。

 

「おっかしいなぁ、確か何年か前には結構愛用していたハズなのに」

 

と思って過去記事を探してみたら、2019年時点ではフツーに使ってる。

f:id:tarojiroko:20190909145813j:plain

 

結局、この夏は一度もブンタが自ら冷え冷えボードに乗ることは無かった。

その代わりに愛用し始めたのがPCデスク。このポジションがお気に入りで、

今年の夏はプリンターを枕代わりにしてよくここでお昼寝してた。

木製のデスクなんだけど、適度なヒンヤリ感がいいのかしら?

 

そして、PCデスク以上に愛用(?)しているのが私が普段使ってるこのスリッパ。

足元にスリスリ・・・と見せかけてスリッパを強奪してガジガジ噛み付いたり、

高速ケリケリでキックしたり。

 

完全に奪われた。

 

スリッパを強奪しない時は玄関でこっそりサンダルを強奪している。

 

「そんなところで何してるだ?」

 

こっそりやってるつもりでも、サンダルがあっちこっちに散らかってるから即バレる。

マタタビ酔い状態で酩酊していることもある履物フェチなブンタなのだった。

◆意識高い系ニャンコ

先月まではどんなに暑くても添い寝しにベッドに来てたブンタ。

私がベッドから出た後もひとりでまったり寛いだりしてた。

 

今はもう暑過ぎるせいか添い寝にも全然来なくなったし、

家中のあちらこちらで伸びて転がってる。

 

カラダも伸びてるけど、爪も伸び放題。

 

ブンタもブンブンや歴代の先輩ニャンコと同じくエアコンが効いた部屋は

好きじゃないので、涼しいリビングには長居せず、1日の殆どの時間を

エアコンがあまり効いていない私の仕事部屋で過ごすようになった。

最近のお気に入りは適度にひんやりしてるPCデスクの上。

 

因みに、ブンタはエアコンだけじゃなくて扇風機もお嫌い。

風が当たると鬱陶しそうに耳をピンピンさせてどこかへ去って行ってしまう。

もしや、ブンタ的にはカラダを冷やすもの全般がNGなのか?

何だか意識高い系の女子みたいなマインドの持ち主なのかもしれニャイ。

◆お気に入りのアレやコレや

通販で頼んだ商品を取り出した後、段ボール箱をそのまま放置してると

大体いつもこうしてインしてるブンタ。

 

聞くところによると、世間のニャンズには何故かア〇ゾンの箱が大人気だとか。

ブンタの場合はブランドよりもフィット感重視で、大き過ぎても小さ過ぎてもダメ、

この絶妙なサイズ感が良いみたい。中でも特にお気に入りの一箱はお昼寝用の

ベッドとして愛用しまくり。このところ、日中は殆どここでこうして過ごしてる。

 

段ボール箱の他にブンタが好きなものと言えば、テーブルヤシ(の葉っぱ)。

獣医さんによると、猫は肉食動物なので消化器官の性質上、草は好ましくないから

ホントは食べない方が良いんだって。とは言っても、食べたがるから仕方ない。

でも、ブンタはいわゆる猫草は口に合わないらしくて全く食べないので、

テーブルヤシとかアレカヤシとか、毒性が無いものことが確認されてるものを

チョイスして買うようにしてる。新しいのを買ってくると、いそいそと寄って来て

貪るように食いついてところを見ると、やっぱり味の違いが分かるんだと思う。

最近はベランダで育ててるトウモロコシの葉っぱがお気に入り。

 

「そんなに草が食べたいんなら猫草買ってきてあげるってば」

 

ソファの背もたれでこうしてうたた寝するのもお気に入り。

数日前、このソファで仕事していたら背後で「ドサッ」と聞き慣れない音が。

振り返ると、ソファの上でアクビしながら「ノビ〜」してるブンタが。

 

熟睡し過ぎで背もたれから落ちたのをアクビで誤魔化そうとするブンタなのだった。

◆キャットタワーのその後

相変わらずおニューのキャットタワーには目もくれず、

たま~に2段目のステップには上がってみたりするものの

普段はほぼ近づく素振りすら見せないブンタくん。新しいグッズを買った時に

使ってくれる確率って、こっちの期待度と反比例してる気がするけど

まぁ、ネコってそんなものよね。

 

そんなブンタが最近愛用してるグッズはこの段ボール製の隠れ家風ベッド。

制作費ほぼゼロ円。

 

以前使ってたキャットタワーでは、夏になるとこんなに寛いで寝てたのにねぇ。

 

これからの季節、ベッドで添い寝するのが暑くなってきたら

またこんな風にタワーを使ってくれること日が来るかもしれないから

期待せずに待つことにしようかね。

 

「ねっ?」

 

・・・そんな日は来ないかもしれニャイ。

 

 

 

 

 

◆二代目キャットタワー

ブンブン兄ちゃんのお下がりの蹴りぐるみと戯れるブンタ。

 

思えば、ブンタが使ってるものはベッドも毛布もハウスも殆どブンブンのお下がりで

はじめからブンタ用に揃えたものってあんまり無いような・・・。

キャットタワーも然り。このタワーの付属のハウスっていうのがまた

体格の良いブンブンには入口も大きさも小さ過ぎて入るに入れず、

仕方なく入口を大きくリフォームしたんだけど、それでも体の半分しか入れなくて

「ちゃんとサイズを測って買えば良かった」って後悔したんだよね~。

結局、ハウスの位置をずらして拡張したスペースを寝そべりエリアに。

それでも、比較的小柄なブンタでさえ四肢を伸ばして広々寝れる感じではなかった。

 

ハウスと柱付きのイスを撤去することに。

 

「ちょっとは広くなった?」

 

でも、これってタワーとしての用を成してないよね。その割に場所を取るし。

 

「よし、ブンタ用にタワーを買い替えるよう!」

 

今度は突っ張り式でハンモック付きのタイプが良いなと思って探してみたところ

突っ張り式だと高さが220cm前後のものが殆ど。タワーの設置場所は高さが約180cm

だからサイズが合わなくて探すのに苦労したけど、どうにか丁度良いものが

見つかってあとは到着を待つばかり。

 

「もうすぐブンタのタワーが来るよー!」

 

無事、商品が到着して組み立て完成!

 

透明なカプセル型ハンモックにインしてるニャンコの肉球を外側から見れるのが

この商品の売りらしい。でも、当のブンタは見慣れないタワーに警戒してるみたいで、

今のところ2段目までしか上ってない。お気に入りのオモチャを置いておいたら

一度だけ入って足を踏み入れてたけど、オモチャをくわえてそそくさを出てきて

しまった。ブンタの肉球を眺められる日は来るのだろうか?

 

二代目タワーが早々にお蔵入りにならないことを願うばかりニャリ。

 

◆鼻先が器用なネコ

ある日の早朝5時過ぎ。リビングから「ガサガサ・・・ゴソゴソ・・・」と

奇妙な音が聞こえてきた。

 

「この音、何だっけ?何か聞き覚えあるんだけど・・・」

 

と思いつつ眠気に負けて起き上がれず。

 

「う~ん、でも今日はバイトの出勤日だからそろそろ起きなきゃなぁ」

 

と、眠い目を擦りつつリビングに行ったら、パウチがひとつ床に転がってるのが

目に入った。

 

「ん?何でこんなところに?」

 

「んんっ?」

 

 

「しまった!またやられたーーーっ!」

 

 

恐らく犯ニャンは棚の中に潜り込み、鼻先で食糧庫のフタを開けて

中のパウチをくわえて引っ張り出し噛み付いてみたものの外装が硬くて食いちぎれず、

諦めて放置したと思われる。

以前、同じ手口でちゅーるを盗み食いされたことがあって

ちゅーるの類は全て撤去して場所を移したんだけど、

流石にパウチのパッケージは食いちぎれないだろうと踏んでそのままにしてたのよね。

今回は未遂に終わったから良いようなもんだけど、危なくてしょうがない。

こりゃあパウチも撤去だな。

 

素知らぬ顔で毛繕いに勤しむ犯ニャン↓

 

「こりゃ!盗み食いはダメだって言ったでしょー!」

 

現行犯じゃないから、あくまでもシラを切り通すブンタなのだった。