読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコづくし

山に捨てられ、山猫生活の末、山で拾われ家猫に・・・激動の人生を送る黒猫ブンブン丸と山の仲間達の日常を綴ります

◆食いだめ

昨日、朝起きてダイニングに行ったらブンブンが食卓の上に座っていた。

食卓には1日分のカリカリを入れた保存用袋が置かれていて、口は開いたまま。

その横で美味しそうな口をしているブンブン、

もう寝る準備とばかりに満足気な顔で毛づくろいをし始めた。

「ゲゲッ、イヤな予感・・・」

袋の中を見ると、案の定カリカリは殆ど残っていない。

1日分のカリカリを殆ど食べてしまっていた。

そんな事には全く気付かず電話で喋り続けてる母。

あ~あ・・・・・・

 

「ブンちゃん・・・」

f:id:tarojiroko:20160130134135j:plain

 

ま、そりゃ食べるよね、目の前に「はい、ドーゾ」って置いてあるんだもん。

f:id:tarojiroko:20160130134150j:plain

 

朝はたらふく食べて満足気だったブンブン、夜は少々ひもじい思いをしたのだった。

 

 

◆今日の山猫達◆

クリスちゃん。今日は出て来てた。

f:id:tarojiroko:20160130120413j:plain

 

キリリと精悍な表情のアサリちゃん。

f:id:tarojiroko:20160130120912j:plain

 

たーくんは今日も「抱っこしろー」とクライミングしてきた。

f:id:tarojiroko:20160130123742j:plain

 

吸い込まれそうな大あくび。

f:id:tarojiroko:20160130123744j:plain

 

今日も帰りに途中までお見送りしてくれてたアサリちゃん、

たーくんが石垣から降りて来るのを見るとすっ飛んで戻ってしまった。

アサリちゃんの逃げ足、100m走ならぶっちぎりのトップだと思う。