読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコづくし

山に捨てられ、山猫生活の末、山で拾われ家猫に・・・激動の人生を送る黒猫ブンブン丸と山の仲間達の日常を綴ります

◆ネコの体温調節

昨日の朝、玄関のたたきでサンダルに抱き付いて寝ていたブンブン。

f:id:tarojiroko:20150801102955j:plain

 

夕方にはエアコンの効いた涼しいカメ部屋で爆睡。

f:id:tarojiroko:20150801175013j:plain

 

夜は再び玄関のたたきでゴロ寝。掃除しといて良かったよ。

f:id:tarojiroko:20150801194841j:plain

 

夜遅くなると肌寒くなったのか陸に上陸していた。

f:id:tarojiroko:20150801214328j:plain

 

家の中には結構温度勾配があるから、気温の変動に合わせて

寝場所を変えて体温調節しているみたい。

ただ、暑い時にカメ部屋に入るのは、鼻先でドアを押せば入れるけど、

寒くなって出ようと思っても、ドアを手前に引かないと出られない。

ブンブンは「押してもダメなら引いてみな」はできないから

冷え過ぎてないか様子を見に行くと、ドアの向こうでジーッと待っていたりする。

「開け、ゴマ!」と念を送っても開かない事にそろそろ気付き始めたかもしれニャイ。

 

 

◆今日の山猫達◆

山を歩いていると向こうからメッシュくんがやって来た。

f:id:tarojiroko:20150802091823j:plain

 

通り過ぎるかと思いきや、すれ違いざまに「ニャー(何かちょーだい)!」

f:id:tarojiroko:20150802091827j:plain

 

「ニャー(ちょーだいってば)!」

f:id:tarojiroko:20150802091837j:plain

 

虎蔵くん。暑くてグッタリ。

f:id:tarojiroko:20150802092531j:plain

 

さすがに膝には乗ってこなくなった。

f:id:tarojiroko:20150802092623j:plain

 

みづきちゃんは元気に飛んで来た。

f:id:tarojiroko:20150802092637j:plain

 

ギャースカはやっぱり「ギャースカ!ギャースカ!」

f:id:tarojiroko:20150802092712j:plain

 

ナデナデするとお手々フミフミ。

f:id:tarojiroko:20150802093250j:plain

 

フミフミ。

f:id:tarojiroko:20150802093305j:plain

 

ふわぁ~!

f:id:tarojiroko:20150802093322j:plain

 

橋を渡る時、キラくんとすれ違った。

f:id:tarojiroko:20150802095612j:plain

 

食欲モリモリシジミくん。

f:id:tarojiroko:20150802100035j:plain

 

ちょっとヘバってるクリス。

f:id:tarojiroko:20150802100118j:plain

 

暑くてもくっ付く2ニャン。

f:id:tarojiroko:20150802100155j:plain

 

姿が見えなくなったトムくん、早く戻って来てニャ~。