ネコづくし

山に捨てられ、山猫生活の末、山で拾われ家猫に・・・激動の人生を送る黒猫ブンブン丸と山の仲間達の日常を綴ります

◆踏んだり蹴ったり

ブンブンは、時々、定位置以外の場所で行き当たりばったり寝ている事がある。

真っ暗な中、玄関で寝そべっていたり・・・

f:id:tarojiroko:20150519222558j:plain

 

廊下近辺で寝ていたり。

昼間は良いけど、夜中にこういうところで寝てるのを見ると

ハラハラするんだよね~。

f:id:tarojiroko:20150519213444j:plain

 

「にゃんで?」って、トイレに行く母に蹴飛ばされそうになったり、

泊まりに来ていた親戚に踏まれそうになったりして、

蹴飛ばす方も、蹴飛ばされる方も危ないから。

でも、ブンブンにとって危険なのは暗闇ばかりではないようで・・・

この前、シャワーを浴びて脱衣所から出たら、「ドンッ」と鈍い音がした。

ブンブンが、ドアの向こう側で私が出て来るのを待っていたらしく、

そうとは知らず思い切りドアを開けて跳ね飛ばしてしまったのだ。

痛い思いをした時の学習能力には定評のある(?)ブンブン、

その日を境にドアの前ではなく横で待つようになったのだった。

 

 

◆今日の山猫達◆

彫刻エリアには、シジミ、トム、クリス、アサリの4ニャンがいた。

f:id:tarojiroko:20150522140750j:plain

f:id:tarojiroko:20150522140949j:plain

f:id:tarojiroko:20150522141217j:plain

f:id:tarojiroko:20150522141515j:plain

 

今日、山に一羽の傷ついたカラスがいた。

動く事もままならないほど衰弱していて、放っておいたら死んでしまいそう。

大急ぎでダンボール箱、軍手、タオルを調達して保護し、

野鳥を診てくれそうな病院が無いか、県の担当機関に問い合わせてみたけど、

「野鳥を保護する事自体が法律違反だし、

希少な野鳥以外は診てくれる病院も無いだろう」と。

そんなバカな・・・カラスだって同じ命なのに。

どうしたものか思案した末、「やっぱり連れて帰ろう」と決めて移動し始めた時、

カラスは力尽きて息を引き取ってしまった。

 

無理に保護しようとして、精神的にも体力的にも消耗させてしまったかもしれない。

でも、天敵だらけの山に置き去りにする事は、どうしてもできなかった。

体が小さかったから、巣立ったばかりだったかもしれないカラスさん、

助けてあげられなくてごめんなさい。