ネコづくし

山に捨てられ、山猫生活の末、山で拾われ家猫に・・・激動の人生を送る黒猫ブンブン丸と山の仲間達の日常を綴ります

◆カシャビョサイズ

カシャびょんを追いかけて飛んだり跳ねたりして遊び過ぎたブンブン。

f:id:tarojiroko:20141124081947j:plain

 

疲れると寝技に持ち込んで横着をし始める。

「もう止めよっか?」

f:id:tarojiroko:20141205190732j:plain

 

でも結局寝る。

「そんなとこで寝たら風邪ひくよ~!」

f:id:tarojiroko:20141129192516j:plain

 

でも、最近はどうにかこうにか体重5Kg台をキープできてるのは、

このカシャビョサイズ(カシャびょんエクササイズ)の効果かも。

 

 

◆昨日の山猫達◆

雨宿りしてた植え込みから飛び出して来たヨン様

f:id:tarojiroko:20141204123441j:plain

 

続いて草むらからクリス

f:id:tarojiroko:20141204123453j:plain

 

そして、どこにいたのか濡れ鼠になってたアサリが飛び出して来た。

f:id:tarojiroko:20141204122951j:plain

 

ホタテも現れた。「ニッ」と笑顔でキメ顔?

f:id:tarojiroko:20141204123349j:plain

 

ホタテ・アサリ兄妹。

f:id:tarojiroko:20141204123159j:plain

 

ヨン様ホタテ・アサリ兄妹の距離感。

f:id:tarojiroko:20141204124229j:plain

 

用事があってお昼過ぎからもう一度山に行ったら、

午前中にはいなかったナナシーちゃんがいた。

急いでたからカリカリ少ししかあげられなくてごめんね。

f:id:tarojiroko:20141204130441j:plain

 

ミドリちゃんには全然あげられなかった。お腹空いて待ってたのにごめんね。

f:id:tarojiroko:20141204145916j:plain

 

 

◆今日の山猫達

ロータリーの自販機の上にサビ猫が座ってるのが見えた。

さっちゃんだぁ!2ヶ月以上もどこ行ってたの~!?無事で良かった!

尻尾と後肢が泥でカチカチになってたから、どこかで動けなくなってたのかも。

f:id:tarojiroko:20141205112154j:plain

 

はっちゃんはやっぱりこの子達のお父さん?

f:id:tarojiroko:20141205112143j:plain

 

ゾロゾロゾロと登場したアサリ、トム、シジミ。

f:id:tarojiroko:20141205113536j:plain

 

アサリちゃん。今日もお見送りは途中までだった。

f:id:tarojiroko:20141205115248j:plain

 

クリス。最近、顔を見るとすぐにくっ付いてきて暖を取る。

f:id:tarojiroko:20141205115526j:plain

 

「膝と背中、乗るのはどっちが良い?」って顔してた虎蔵くん。

「ごめん、今日は時間が無いからどっちもパスね」

f:id:tarojiroko:20141205121227j:plain

 

公園に来ていたメッシュくん。

f:id:tarojiroko:20141205121755j:plain

 

墓地周辺の子達。クロコくんはみんなが食べるのを遠くで見てた。

f:id:tarojiroko:20141205122439j:plain

 

日向ぼっこ中の3ニャン。

f:id:tarojiroko:20141205123039j:plain

 

猫の置物化してるみおちゃん。

f:id:tarojiroko:20141205123150j:plain

 

しんちゃん。ちょっと風邪っぽいのかな。

f:id:tarojiroko:20141205123258j:plain

 

あーりん。ビックリするほどよく食べた。

f:id:tarojiroko:20141205124731j:plain

 

帰り道で会ったチョロもやっぱりビックリするほどたくさん食べた。

 

【おまけ】

スーパーの入り口の真ん前に鎮座する野良猫。

ここが相当お気に入りのようで、何度移動させても戻ってしまうんだとか。

f:id:tarojiroko:20141205162530j:plain

 

 

昨晩、訳あって1匹の山の猫が我が家にやって来た。

ドロンボくんと言う、まだ4歳にも満たない若いニャンコだけど、

腎不全のような状態で自分では立ちあがる事すらできない状態だった。

虐待による火傷で瀕死の重傷を負いながら復活した生命力の持ち主だから、

今回も奇跡を起こしてくれるかもと期待したけど、夜の間に旅立ってしまった。

今思えば色々後悔は尽きないけど、寒くて暗い山の中じゃなく

家の中で旅立たせてあげることができたことは唯一の救いだった。

困難な猫生だったけど、今度は必ず幸せな家猫になって生まれ変わってきてね。

 

元気だった頃のドロンボくん。

f:id:tarojiroko:20140517103818j:plain