ネコづくし

山に捨てられ、山猫生活の末、山で拾われ家猫に・・・激動の人生を送る黒猫ブンブン丸と山の仲間達の日常を綴ります

◆1周年記念

ブンブンがウチの子になって1年になる。

と言っても、ずぅ~っと前から一緒にいたような気がしているので

1年前にはまだ山にいたなんてとても信じられなくて、

ブンブンがいなかった頃の事を想像する方が難しいくらい。

ウチに来たら来たで猫エイズ検査で陽性になったり、

糖尿病になったり、色々あってハラハラしたけど、

兎にも角にも元気で過ごせている事はとてもありがたい。

ブンブンの頑張りに感謝しつつ、ささやかながらお祝いをした。

 

「はい、ケーキだよ~」

f:id:tarojiroko:20141130133640j:plain

 

「でも、ブンちゃんは食べられないから代わりに食べとくね」

f:id:tarojiroko:20141130133334j:plain

 

「ブンちゃんにはこれがあるよ~」

f:id:tarojiroko:20141130124752j:plain

 

「はい、ドーゾ!」

f:id:tarojiroko:20141130134027j:plain

 

よほど美味しそうだったのか、封を切った瞬間に飛んで来て

早く食べようと焦るあまり指ごと噛まれた。

でも、これ、凄い高カロリーっぽいから少ししかあげられない。

糖尿病歴もあるし好きなものを好きなだけ・・・とはいかないけど、

美味しいものをできる限りたくさん食べさせてあげたい。

ブンブンが元気なら我が家は平和だ。

だから、良く食べ、良く遊び、良く寝て、元気でいる事がブンブンのお仕事。

ブンちゃん、これからもよろしくね♪

 

 

◆今日の山猫達◆

ブロックくん。階段の下の方にいたけど呼んだら上がって来てくれた。

f:id:tarojiroko:20141130104125j:plain

 

トコトコ。

f:id:tarojiroko:20141130104130j:plain

 

トコトコ。

f:id:tarojiroko:20141130104133j:plain

 

着いたニャー!

f:id:tarojiroko:20141130105533j:plain

 

みづきちゃんも来た。先に下の子猫達の様子を見に行こうとしたら

ゾロゾロ後を付いて来た。

f:id:tarojiroko:20141130105054j:plain

 

途中で虎蔵くんも合流。付いて来る合間に爪とぎ。

f:id:tarojiroko:20141130110213j:plain

 

子猫その1。

f:id:tarojiroko:20141130111430j:plain

 

その2。

f:id:tarojiroko:20141130113307j:plain

 

その3。他に茶トラの男の子がもう1ニャン。

更に黒猫がもう1ニャンいたらしいけど貰われていったそうな。

f:id:tarojiroko:20141130113436j:plain

 

子猫達のお母さんはサビ猫。お父さんはこの子?f:id:tarojiroko:20141130113229j:plain

 

別のサビ猫が産んだらしき、ひときわ小さい子猫が溝からひょこっと出て来た。

f:id:tarojiroko:20141130112106j:plain

 

公園に戻るとみづきちゃんと虎蔵くんが膝に乗ってきて、初の2ニャン乗り。 

f:id:tarojiroko:20141130115224j:plain

 

虎蔵が珍しく自分から降りたのでみづきちゃんは快適そうだったけど、

後でスタスタと戻って来た。水を飲みに行っただけだったみたい。

f:id:tarojiroko:20141130115605j:plain

 

ブロックくん。寝顔はブンブンと似てる。

f:id:tarojiroko:20141130120033j:plain

 

メッシュくん。お腹は空いてなさそうだったので写真だけ撮らせてもらってスルー。

f:id:tarojiroko:20141130120238j:plain

 

お久しぶりのナナシーちゃん。

f:id:tarojiroko:20141130120643j:plain

 

しまたろうくん。渋い顔でお昼寝中。

f:id:tarojiroko:20141130121417j:plain

 

広場の茂みではトムとクリスがくっ付いて寝てたけど、他は誰もいなかった。

お昼を過ぎてそろそろ帰ろうと思った頃に雨が降り始めて一気に肌寒くなった。

しばらく気温が低い日が続くらしいけど、

外猫達、みんな風邪をひかずに乗り切って欲しいニャ。