ネコづくし

山に捨てられ、山猫生活の末、山で拾われ家猫に・・・激動の人生を送る黒猫ブンブン丸と山の仲間達の日常を綴ります

◆3度目の動物病院

一夜明けて今日のブンブン、やはり元気が無くスープすら飲みません。

「これはヤバイ!」と思い朝イチで病院へ。

まず体重測定してもらったら5.15Kgしか無い!

前回の6.25Kgから1ヶ月も経ってないのに・・・

1.1Kg減という事は人間にしたら11Kg減の激ヤセ、イヤ~な予感。

 

1回目のワクチンを接種した後、クシャミと鼻水が出始め

徐々に鼻詰まりがひどくなって口呼吸するようになっていましたが、

これは目と鼻に点鼻薬を差してもらって症状は改善しました。

血液検査と点滴をしてもらって待合室で検査結果を待ち

名前を呼ばれて先生の説明を聞きました。

「食欲が無いのも、体重が激減したのも、水を飲む量、

 オシッコの量が多いのも全て原因が分かりました。」

 

診断結果は・・・・・・糖尿病でした。

エイズ感染の診断結果を聞いた時よりも更に心にズシ~ンと重く響く病名。

もっと早く検査をしてあげればよかった・・・

 

血液検査の結果。

糖尿病を示すGLUの数値は74~159が正常値で

かなり高くても200~300だそうですが、ブンブンの場合は519でした。

f:id:tarojiroko:20140226113904j:plain

 

インスリン注射をしてもらいましたが、これは自宅でも毎日朝晩1回ずつ注射し、

生涯続けなければならないそうです。

左が今晩用のインスリン注射、右が風邪の抗生剤。

f:id:tarojiroko:20140226113818j:plain

 

山にいた頃からよく水は飲んでたけど、ウチに来て贅沢三昧させた事で

拍車を掛けてしまったんだろうか。

なぜ、多過ぎるオシッコの量をもっと深刻に受け止めなかったんだろう。

なぜ、あれこれ理由を付けて血液検査を先送りしてしまったんだろう。

一気にマイナー思考が押し寄せます。

 

でも・・・

 

治る可能性も2~3割はあるというし、

今の時点で分かってラッキーだったのかもしれない。

風邪を併発したせいか食欲が落ちた事がきっかけで病院に行って

よかったのかもしれない。と、思う事にしました。

 

当面の課題はインスリン注射。先生に教えてもらいながら

生理食塩水の入った注射器で一度練習しましたが、

今晩からは自分ひとりでやらなければならないし、

今後は母にも覚えてもらわないといけないし。

慣れればなんてこと無いんだろうけど今はまだドッキドキです。